FX初心者(専業主婦・無職)の税金情報を紹介しています。

FX初心者の税金|専業主婦・無職

FXの確定申告

FXの確定申告は会社にばれる

投稿日:

FXをやって儲かった場合、次に気になるのは税金でしょう。FXにおける利益というのは、「雑所得」に分類されます。「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」に該当するため、普通の所得税のように累進課税されず、税率は常に20%です。個人売買においては含み益は問題とならず、ポジションを決済した場合に出た利益のみが問われます。ただし、雑所得の合計が年間20万円以下の場合は確定申告も不要で、税金も払わなくて問題ありません。

逆に損を出した場合は、もちろん税金はとられませんが確定申告はしておくべきです。なぜなら、FXにおける損は3年間持ち越せるからです。たとえば今年10万円の損失を出したとして、来年20万円利益がでたとします。10万円損失を出したということをちゃんと確定申告することで明らかにしておけば、来年分の利益と相殺し、来年は10万円の利益が出たという扱いになるのです。

このように3年前までさかのぼってトータルの利益が算出されます。また、必要経費があればそれを利益から差し引くことができます。これが必要経費に該当する、という明確な基準があるわけではなく、税務署員を納得してくれればいいのです。一般的には勉強用の書籍や関連セミナーの参加費といったところでしょう。取引に利用しているとすればパソコンやインターネット回線も該当するかもしれません。申告して認められなくとも修正すればいいわけですから、これはいけるかな?と思ったら積極的に申告しておくといいでしょう。

大きく稼ぐと税金も必要です

誰しも給料以外の収入があればいいと考えます。そこで人は様々な副業や収入源を得る活動を行っています。それは株式であったり、投資信託であったり、アフィリエイトであったりとします。そんな中にFXというものが入っています。

これは外国為替証拠金取引と言って海外の通貨を購入してその為替の変動で有利に働いたときに売りに出すことでその差額を儲けようとしているシステムです。こちらは外貨預金などとは違って買い入れたり売りに出すときの手数料が少なくて済みますので外貨預金のように使っても便利な商品です。さらに人気のわけはレバレッジを効かせることができるという点です。これは1万円しか資金がなくてもそれを10倍のレバレッジで運用することで10万円として取引が可能になります。これを使用して大きく儲けを出すことが可能なのでとても人気のある商品です。

投資には当然ながら税金がかかってきます。たとえば、宝くじに当たったというような時には非課税となって税金はかかりませんが、各種投資、FXにもまた税金はかかってきます。サラリーマンであれば給料以外の収入が年間20万円を超えると確定申告が必要になるので注意が必要です。しかし、これもあわてることはありません。国税庁のホームページからオンラインで書類を作成することができます。そのために日頃から書類を管理しておく必要はありますが、それさえしていれば難なく済ますことができます。この辺りの事をふまえて投資でしっかりと収入を得ていきましょう。

-FXの確定申告

Copyright© FX初心者の税金|専業主婦・無職 , 2017 AllRights Reserved.